ハードウェアのWeb教科書―コンピュータの仕組みを学ぼう!

コンピュータ―代表的なコンピュータの種類と特徴など

トップ コンピュータ

ハードウェアを理解するためには、まずはコンピュータについて知っている必要があります。代表的なコンピュータの種類と特徴などコンピュータについてまとめています。

▲記事トップへ

目次

このページの目次です。

1. コンピュータの種類
2. コンピュータの構成要素

更新履歴

1. コンピュータの種類

代表的なコンピュータの種類と特徴についてまとめました。

詳細

パソコン

パソコンとは、パーソナルコンピューター(英語でPersonal Computer)を略して呼ばれるコンピュータのことをいいます。

詳細

サーバ

サーバーとは、利用者の要求(リクエスト)に対して、それに応答したデータを提供する目的で構築されたコンピュータです。

汎用コンピュータ

汎用コンピュータとは、メインフレームとも呼ばれ、主に企業など巨大な組織の基幹業務用などに使用される、大型コンピュータです。

携帯情報端末

携帯情報端末とは、スケジュール、ToDo、住所録、メモなどの情報を携帯して扱うための小型コンピュータです。

タブレット端末

タブレット端末とは、板状のオールインワン・コンピュータやコンピュータ周辺機器のことを言います。

ウェアラブル端末

ウェアラブル端末とは、身体に身に着けて使用できるタイプのコンピュータです。

スマートデバイス

スマートデバイスとは、パソコンやメインフレーム、ワークステーションなどの既存のコンピュータの枠にとらわれない情報機器の総称を言います。

2. コンピュータの構成要素

コンピュータを構成する基本的な構成要素について見ていきます。

プロセッサ

プロセッサはコンピュータの制御・演算装置です。 プロセッサ関連の知識をまとめています。

詳細

メモリ

コンピュータのメモリや記録媒体には様々な種類があります。 メモリや記憶媒体の種類と特徴などメモリ関連の知識をまとめています。

詳細

バス

バスの種類や特徴などについて見ていきます。

バスの種類と特徴

コンピュータ内部でデータをやり取りするための伝送路であるバスの種類です。

アドレスバス

アドレスバスは、メモリーやI/Oの場所を指定するためのバスです。 CPUやDMAを行うユニットが、アクセスしたいコンピュータメモリの要素や位置の物理アドレスを伝えるために使用します。

データバス

データバスは、CPUとメモリー、CPUとI/Oの間でデータのやり取りを行うためのバスです。 コンピュータ内部で装置間を結ぶ共用のデータ伝送路の一部で、データ本体の伝送を行います。

コントロールバス(制御バス)

コントロールバスは、アドレスバスで指定された場所に対して、読み出しを行うのか、書き込みを行うかを指定するバスです。 CPUが、ケーブルやプリント回路などの一連の物理接続を介してマシン内の他のデバイスと通信するために使用します。

システムバス

システムバスは、コンピュータ内部で各装置間を結ぶデータ伝送路のうち、CPUと他の装置を接続するためのバスです。

メモリバス

メモリバスは、マザーボードのメモリコントローラからメモリ拡張スロットまでのバスです。

入出力バス

入出力バスは、外部機器とデータをやりとりするためのバスです。 USBやシリアルポート、PS/2ポートなどが入出力バスに相当します。

PCI

PCIは、Peripheral Component Interconnectの略で、デスクトップパソコン用に開発された拡張カードを差し込むための接続規格です。

シリアルバス

シリアルバスは 1ビットずつ順番にデータを転送するバスです。

パラレルバス

パラレルバスは シリアルバスが1ビットずつデータを転送するのに対して、複数ビットをひとかたまりにして、同時に複数本の通信路で情報を伝送するバスです。

バスのシステムの構成

バスのシステムの構成には、命令の読込みとデータのアクセスを分離したアーキテクチャ、両者を分離せず同一のバスでアクセスするアーキテクチャがあります。

バスの容量と性能

バスの容量と性能についてです。

バスのアクセスモード

バスのアクセスモードは、データを伝送するときに外部データバス幅を制御するモードです。 モードを指定することによってバス幅を指定できます。

入出力デバイス

入出力インタフェースの種類と特徴など入出力デバイスについてまとめています。

詳細

入出力装置

入出力装置関連の知識をまとめています。

詳細

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

カテゴリー

スポンサーリンク