ハードウェアのWeb教科書―コンピュータの仕組みを学ぼう!

補助記憶装置の役割・特徴・種類

トップ 記憶装置 補助記憶装置の役割・特徴・種類

主な記憶媒体(補助記憶装置)の役割・特徴・種類についてまとめていきます。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. 補助記憶装置とは
2. 補助記憶装置の役割
3. 補助記憶装置の種類とその特徴
4. ディスクアレイ

もっと知識を広げるための参考
更新履歴

1. 補助記憶装置とは

補助記憶装置とは、主記憶装置の記憶容量を補うための補助的な役割をもつ記憶装置です。

詳細

2. 補助記憶装置の役割

補助記憶装置には、以下のような役割があります。

主記憶の容量不足を補う役割

主記憶には、高価で高速なメモリが使用されます。高価なため、あまり容量は大きく出来ません。 そこで主記憶の容量の不足を補うため、主記憶より安価で低速だけど大容量な記憶装置が使用されます。

プログラムやデータを長期間保存する役割

主記憶のメモリは、電源を切ると消えてしまいますので、 主記憶に記憶されていたプログラムやデータは消えないところに保存しておく必要があります。 その電源OFF時のデータを保存する役割が補助記憶装置にあります。

3. 補助記憶装置の種類とその特徴

補助記憶の種類には、フラッシュメモリ、磁気ディスク、光ディスクなどがあります。 各補助記憶を扱う補助記憶装置の特徴について見ていきます。 (光磁気ディスクや磁気テープもありますが割愛しています。)

フラッシュメモリ

フラッシュメモリの種類とその特徴です。

SSD(Solid State Drive)

SSDはHDDと同じ見た目で同じIFに取り付けられるフラッシュメモリを使用した記憶媒体です。 記憶媒体にフラッシュメモリーを使用しているので、モーターやヘッドのような機械的な可動部品がないため、消費電力が低く、軽量で、しかも高速です。 また、耐衝撃性にも優れていています。HDDよりも高価ですが、普及して以降はHDDよりも値下がりのペースが速く、PCのHDD時代は終わりを迎えつつあります。

詳細

USBフラッシュメモリ

USBフラッシュメモリは、USBを用いてコンピュータに接続してデータの読み書きを行う半導体メモリを用いた外部記憶装置のうち、別途メモリーカードやリーダライタを必要とせずに単体で動作する外部記憶装置です。

詳細

SDメモリカード

SDメモリカードは、SD規格によるフラッシュメモリで、カードタイプの記憶装置です。 デジカメやノートパソコン、スマートフォン、携帯ゲーム機など多くの電子機器で使用されています。

磁気ディスク

磁気ディスクの種類とその特徴です。

HDD(Hard disk drive:ハードディスクドライブ)

ハードディスクは、磁気ディスクの一種ですが、このハードディスクの読書きを行う装置がHDDです。 特徴として、磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す記憶装置です。

光ディスク

光ディスクの種類とその特徴です。

光ディスクドライブ(Optical Disk Drive:ODD)

CDやDVD、ブルーレイなど、データの光ディスクの読み書きに使用する装置です。 記録された情報の読み出しにレーザー光など、光を利用する補助記憶装置です。

光ディスクのデータ記録方式

光ディスクのデータ記録方式についての補足です。

パケットライティング

パケットライティングは、光ディスクへの書込み方式の一つです。 通常のCD-Rでは書込みの単位はトラックになりますが、それをより小さなブロックに分けて書き込めるようにしたものです。 小さな単位で書込みが出来るので、フロッピーディスクやMOのような感覚でCD-Rを利用できます。

4. ディスクアレイ

ディスクアレイ(disk array:ストレージアレイ:Storage Array)は、複数のストレージ製品と外部で接続。 それらでRAIDを構成して信頼性の向上や性能の向上を図った装置です。 補助記憶装置として主にサーバー用の外部記憶装置として利用されます。

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

カテゴリー

スポンサーリンク