ハードウェアのWeb教科書―コンピュータの仕組みを学ぼう!

入出力装置

トップ 入出力装置

入出力装置関連の知識をまとめています。

▲記事トップへ

入力装置とは

コンピューターの入力機能(ハードウェア)。入力装置とは何か、入力装置の役割と種類(装置の例)についてまとめています。

詳細

出力装置とは

出力装置は、コンピュータで処理されたデータを 取り出すための装置を言います。 パソコンのディスプレイ、プリンタが代表的な出力装置の例です。 出力装置とは何か、英語の意味や例、種類、役割について解説しています。

詳細

出力装置の種類

モニター、プリンター、スピーカーなど、出力装置の種類をまとめています。

詳細

プリンターとは

プリンターは、コンピュータ上で作成した文字データや画像データ、図形データなどを紙やOHPシートなどに印刷する装置(出力デバイス)です。プリンターとは何か詳しく説明していきます。

詳細

入出力装置のインタフェースとは

USB、RS-232C、IEEE 1394、SATA、Bluetooth、IrDA、SCSIなど、入出力装置のインタフェースについてまとめています。

詳細

USBとは

USBとは、Universal Serial Busの略で、パソコン用のシリアルインターフェースの規格です。 USBは、ハブを介してパソコンなどに最大127台の機器をツリー上に接続でき、機器の接続を自動的に認識する機能(プラグ・アンド・プレイ機能)や、 パソコンや機器の電源を入れたままでコネクタの抜き差しが出来る機能(ホット・プラグ機能)を持ちます。 また、機器への電源供給も可能です。

詳細

Serial ATAとは

Serial ATAとは、 Serial AT Attachmentの略で、読み方は「シリアルエーティーエー」、パソコンとSSDやHDDなどの記憶装置を接続するIDE(ATA)規格の拡張仕様の一つです。

詳細

戻る

スポンサーリンク

カテゴリー

スポンサーリンク